職場連絡なしキャッシング

MENU

モビットは職場連絡なしでキャッシングができる消費者金融です。
でも、何故職場連絡なしでキャッシングができるのでしょうか。
それは本人確認に他の方法を採っているからです。
ではその仕組みについて説明しましょう。
まず、借入れの申込をすると審査があります。
この審査に通ると、勤務先の在籍を証明するための書類を送らなければなりません。
その書類は職場の名前が記入されているものに限ります。
代表的なものとしては源泉徴収票があります。
送り方はコピーをメールに添付するのが一般的ですが、それが無理ならFAXでも構いません。
モビットは送られてきた書類をもとに、本人名と会社名を確認します。
これで在籍が確認されたことになりますから、職場連絡なしでもすむのです。
では、この後の手続きはどうなるのでしょうか。
これで審査が終わったことになりますから、あとはお金の受け取りだけです。
お金の受取は銀行振り込みか自動契約機を利用することになります。
銀行振り込みの場合だと、平日なら14:50までに手続きを終了すれば当日中に振込が行われます。
では、それを過ぎたら当日中にお金を手にすることができないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありませせん。
その場合は、最寄の無人店舗に赴き、そこに設置されている自動契約機を利用すれば良いのです。
この場合忘れてならないのは、職場を証明する書類(源泉徴収票など)の持参です。
それを自動契約機のスキャナに読み取らせ、必要事項をインプットするだけで手続きがおわります。
後は自動契約機から出てきたキャッシングカードをATMに入れて出金するだけです。

クレジット会社大手のモビットで職場連絡なしでキャッシングできるか

クレジット会社の中でもモビットは名の通った大きな会社です。大手には利用する上での安心感がありますので、審査に問題なく通るのであればモビットのような誰でも知っているところでキャッシングをしたいと多くの人が考えます。
キャッシングをする際に、最も気になる項目の一つとして職場への電話連絡があります。どこでも職場連絡なしに借りることはできませんので、その時間に席にいて自分で電話をとるようにしたり、あらかじめかけてもらう日時を指定しておいて準備をしておくといった対応が必要です。
モビットでは、実は職場連絡なしで借りることができます。Web完結型の申し込みを利用すれば会社に電話が入ることがありませんし、郵送物もなしで在籍確認してもらえます。中には、職場に電話が入ることさえ状況的に厳しいというケースもありますので、その場合にはWebのみで申し込めるタイプを選ぶのが賢い選択です。
他の会社でも職場連絡なしで柔軟に対応してくれるところもあります。たとえば、連絡先を会社だけでなく自宅や携帯電話に設定できるところもありますので、いつ職場に電話がかかってくるのかと気をもむ必要がありません。携帯電話に設定しておけば、いつでも電話を受けることができますので手続きもスムーズにすすみます。
最近では借りる人の状況を考慮して、会社名で電話をかけてくるところは無くなりました。どこでも個人名を名乗ってかけてきますので、親戚や知り合いからの電話くらいにしか思われません。